テント倉庫の台風・雪災害対策と張替え・建替え

自然災害時の具体的な対策方法と
張替え等の修理・火災保険について解説!

夏には台風災害!冬には大雪による災害!テント倉庫は大型の自然災害時に破損する場合があります。
被害を最小限に抑えるための対策、破損してしまった場合の修繕についてご紹介します。

台風や雪によるテント倉庫の被害

毎年訪れる台風は年々大型化し、強風や大雨による被害も増えています。また大雪による被害も甚大です。被害はテント倉庫自体の破損だけではないことに注意が必要です。

周辺地域・建物への被害

強風により倉庫の一部が吹き飛び、周辺の家屋に被害を与えるなど事例があります。特にプレハブ倉庫の場合は、屋根などの一部が周辺住宅に吹き飛んでしまう、倉庫が倒壊するなどの被害が比較的多く報告されています。
テント倉庫の場合、金属製の骨組みにテント生地の膜を張った構造で、近年の技術革新により強度が高くなっているため、比較的周辺の被害は少ないのが特徴です。とはいえ、経年劣化や小さな破損などをそのままにしておくと台風の影響を受けやすくなり、周辺に被害をもたらすこともあり得ます。

保管品への被害

被害はテント倉庫内にある保管品にも及びます。テント生地の破れにより、保管品が雨や雪に濡れてしまい使えなくなってしまったり、風で吹き飛ばされて散乱するなど、原状復帰までの時間や費用が必要となります。
本来の営業に支障をきたすことは時間や費用だけでなく、取引先様などとの信頼関係にも影響するリスクもあります。

テント倉庫の台風・雪対策は定期メンテナンス

上記のような被害を最小限に抑えるには、定期的なメンテナンスが何より大切です。
テント生地や鉄骨にはそれぞれ耐用年数がありますが、環境や使用状況によっては修繕が必要な場合もあります。以下に当てはまる部分はありませんか?

テント生地張替えのチェックポイント

  • 10~15年経過のテント倉庫

  • 少しだけ雨漏りがしている

  • テント生地がパリパリしてきた

  • テント生地に亀裂がみられる

全体建替え(鉄骨)のチェックポイント

  • 30~40年経過のテント倉庫

  • 錆びてきている

  • 金具が破損している

  • 鉄骨に傾き・ぐらつきがある

ひとつでも当てはまると台風や大雪の影響を受けやすくなっており、大変危険です。大きな被害になる前に、テント倉庫の修繕をおすすめします。

テント倉庫の修理・張替えのご案内 屋根キャップシートの張替え・修理のご案内 積雪(雪対策)テント倉庫・テントハウスのご案内

\まずはお気軽にご相談ください!/

無料で相談をする ご相談・お見積もりフォームはこちら

台風や大雪によるテント倉庫破損時の注意点とサポート

台風・大雪などによる自然災害時のご依頼はお早めにお問い合わせください。弊社はお問い合わせいただいた順にお客様対応をさせて頂いております。

復旧までに時間がかかる

災害後には大変多くのご依頼を頂きますが、下記の理由によりテント倉庫生地の確保と工事業者の確保が大変厳しくなる場合がございます。

テント生地の欠品

近年ではアイボリー色のテント生地が人気です。その為、災害後には各社大量のアイボリー生地をメーカーに発注、メーカーは生地の欠品が発生しやすい状況になります。

職人の人員不足

災害が起きた地区ではテント倉庫への被害が多数発生し、建替えや修理の需要が増えます。一方、対応できる職人の数は変わらないため修繕までにお待たせすることがあります。

\シンテックがサポートします!/

弊社はご依頼いただいた順でのご対応となりますが、最大限努力をさせて頂きご対応いたします。

テント倉庫修理の流れ

製品の保管ができなくなる

テント生地が破れたり雨漏りが発生している場合は、テント倉庫内での製品保管が難しくなることがあります。

\シンテックがサポートします!/

破損状況によりますが、一時、ブルーシートなどでの補強やレンタルテントでの対応いたします。

テント倉庫のレンタル・仮設テントのご案内

台風や大雪による破損は火災保険が適応されます

台風や大雪による破損に関しては火災保険が適応されます。まずは、ご加入されている保険会社にお問い合わせください。
保険会社から担当員が現地調査に訪れ破損の状況から損害保険金を算出します。申請が通り、保険金が下りるまでに約1ヶ月~3ヶ月の期間がかかります。その期間中に当社にご相談ください。
万が一、申請期間中にも仮のテント倉庫などが必要な場合はレンタルテントなどの貸し出しもご対応いたします。

テント倉庫のレンタル・仮設テントのご案内

テント倉庫の火災保険について

損害保険代理店と提携し、最適な保険をご提案しております。 また、現在ご加入の保険内容を確認し、「保障の漏れ」「保障のダブり」をなくすと共に、重複している補償や保険金額も合わせて見直しを行うことにより、より安い保険料でより充実した補償を確保するサポートをさせていただきます。

火災保険について

自然災害によるテント倉庫の張替え・建替えはお気軽にご相談ください!

台風や大雪になる前のメンテナンスとして、被害にあってしまった場合の修繕について、火災保険についてなど、まずはお気軽にお問い合わせください。経験豊富なスタッフがご対応させて頂きます。

シンテックはお客様のスムーズな事業の継続、被害に遭った際の1日でも早い事業再開に貢献致します。

\まずはお気軽にご相談ください!/

無料で相談をする ご相談・お見積もりフォームはこちら

台風・雪災害対策におすすめの倉庫とサービスメニュー

\まずはお気軽にご相談ください!/

無料で相談をする ご相談・お見積もりフォームはこちら

複雑なテント倉庫の知識、わかりやすくご紹介いたします!

お問い合わせ

施工のプロであるオペレーターが対応いたします。

テント倉庫.net(シンテック)では、無料で御見積りを承っています。
「確認申請は必要?」「何でも保管できるの?」など色々なお問い合わせをいただきますが、一番多い相談が「他社で見積もりを取ったけど思ったより高かった。」という内容です。
計画次第でテント倉庫を安く建てる方法がございます。
建設は設計が大事だとはよく言われる話ですが、それはテント倉庫も同じです。

常時専任のオペレーターが待機しておりますので、お気軽にご相談ください。
施工のプロであるオペレーターの判りやすい説明と提案力には絶対の自信がございます。

2021年 4月
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1

定休日

テント倉庫.netが選ばれる5つの理由・業界最安値・ベストプライス保証