テント倉庫導入ガイド

テント倉庫建設にあたり、必要な情報や知っておくべき法律をご紹介いたします!

テント倉庫の条件

テント倉庫の条件 1.倉庫・物品保管としての利用 2.面積1000㎡以下 階数1階 3.軒5m以下 間口30m以下 4.全ての側面に屋根と壁があること 5.屋根の形式 切り妻・片流れ・円弧のいずれか 6.鉄鋼蔵の骨組みと膜材料を使用していること

条件に当てはまりました!

テント倉庫の建設・建物維持にあたり、必要な情報や知っておくべき法律をご紹介いたします!

「固定資産税ががかかるの!?」「保管してはいけないものがあるの?」など、お客様のイメージと異なる可能性がございます。 保管してはいけないものをテント倉庫で保管すると法律違反になったり、税金の事を知らずに想定外の出費が必要になったりしますので、テント倉庫を建てる前に「テント倉庫基礎知識」のご確認をお願いいたします。

テント倉庫.netで建設いただける場合は、打ち合わせ時に担当スタッフがわかりやすくご説明いたします!

テント倉庫基礎知識をご覧ください!

条件に当てはまりません…

テント倉庫の規格(国土交通省告示666号)を適用することにより、下記の施工も対応しております!

壁無し、屋根だけの雨除けが欲しい

荷捌きテントの建設

もっと大きいテントを建てたい

内部作業・遊び場として利用したい!

666号は667号適用のテント倉庫よりお値段が上がってしまいますが建設可能です!

お客様により状況が異なりますので、詳しい内容を専門のスタッフがお伺いいたします。
お気軽にお問い合わせください!

テント倉庫基礎知識

テント倉庫についての基礎知識をご紹介いたします。倉庫を建設する前に、「テント倉庫」はどのような倉庫なのか確認しましょう!

テント倉庫をお得に利用しよう

テント倉庫の建設のポイントや、
施工費・維持費を
お得にする方法を
ご紹介いたします!

\テント倉庫の知識はOKです!/
それではテント倉庫.netでテント倉庫を建てましょう!

テント倉庫建設にあたり、必要な情報や知っておくべき法律をご紹介いたします!

複雑なテント倉庫の知識、わかりやすくご紹介いたします!

お問い合わせ

施工のプロであるオペレーターが対応いたします。

テント倉庫.net(シンテック)では、無料で御見積りを承っています。
「確認申請は必要?」「何でも保管できるの?」など色々なお問い合わせをいただきますが、一番多い相談が「他社で見積もりを取ったけど思ったより高かった。」という内容です。
計画次第でテント倉庫を安く建てる方法がございます。
建設は設計が大事だとはよく言われる話ですが、それはテント倉庫も同じです。

常時専任のオペレーターが待機しておりますので、お気軽にご相談ください。
施工のプロであるオペレーターの判りやすい説明と提案力には絶対の自信がございます。

2020年 12月
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2

定休日

テント倉庫.netが選ばれる5つの理由・業界最安値・ベストプライス保証