積雪テント倉庫

積雪テントの導入にあたって

  • 積雪・耐雪テント1
  • 積雪・耐雪テント2
  • 積雪・耐雪テント3
  • 積雪・耐雪テント4

※積雪テントは、色々な呼び名で呼ばれる場合がございます。
例:耐雪テントなど

この製品についてお問い合わせ

積雪テントとは通常のテントの骨組みとは異なり積雪を考慮した設計を施したテントです。

建物の設計には固定荷重、積載荷重、風圧力、地震力等と共に積雪荷重についても強度を計算する必要があり、その基準となる垂直積雪量が地方ごとに決められております。

その数値は同じ市町村の中でも異なる場合があるので建設予定地の詳しい住所によって調べる必要があります。「積雪テント」は屋根に積もる雪の荷重に耐えうる強度で作らなければいけないので、非積雪地の構造に比べると使用する材料も太く、肉厚な強度の高いものになります。

外観上の違いとしては屋根の勾配が変わることもあります。

通常のテントの屋根は約2寸勾配であるのに対し「積雪テント」では3寸~4寸勾配とします。勾配が急であれば屋根に雪が積もりにくくなるので、その分荷重を少なく計算することができるのです。

強度を上げることはその分コストに反映されてくるので、価格を抑えるための工夫です。

積雪地でのテントの計画にはその配置にも気を付ける必要があります。他の建物や壁などとの隣接距離は雪かきができるスペースを確保するようにします。

特に多くの雪が降る地方では屋根から落ちた雪がたまってしまうと、その圧力で壁を圧迫しテントを壊してしまう恐れが出てくるからです。

ビニテンでは高い強度を要求される「積雪テント」もお客様の使用目的や利便性に合わせた安心設計。積雪地でのテント計画もお任せください。

●積雪テントは保管される物品や地域により不燃材料の要求を受ける場合がございます。

ご希望される積雪テントの建築サイズに関して

建蔽率によって建築可能な積雪テントのサイズが決められております。
※積雪テントは建物に分類されるため「建築確認申請」が必須となります。

当社は、積雪テントの新設から張替・修理も承っております。テント倉庫建設に伴う基礎工事から鉄骨工事・テント張りまでを一貫してプロデュース、多彩なオプション施工も可能です。 用途やご予算に合わせてご提案させて頂きます。新設に関わる確認申請もお任せください!

是非、当社にご相談ください。

この製品についてお問い合わせ

テント倉庫 製品一覧

テント倉庫 張替え・修理

各種ご案内

テント倉庫ベストプライス(最低価格)保証

ベストプライス(最低価格)を保証しています。お問い合わせはお気軽に。

電話でお問い合わせ(フリーダイヤル)

0120-2210-15営業時間:平日9:00~17:30(土日祝日除く)

コールセンターへお電話頂いた際に、お客様にお伺いする内容はこちら

安心価格・安心見積・安心施工・安心実績・安心サポート

PAGETOP