上屋テント(荷捌き用テント)

上屋テント(荷捌き用テント)

  • 上屋テント1
  • 上屋テント2
  • 上屋テント3

※上屋テントは、色々な呼び名で呼ばれる場合がございます。
例:荷捌き用テント・雨よけ用テントなど

この製品についてお問い合わせ

上屋テントとは

テントで造られた建物のうち壁のすべて又はいずれかが開放になっている物を指します。法的には「平成14年国土交通省告示第666号膜構造の建築物の構造方法に関する安全上必要な技術的基準を定める件」で規定されています。(名前が長いので「平成14年国交告第666号」と略されます。テント業界では「666」だけで通じます)。

上屋テントは雨よけ、日よけを目的として工場や倉庫、トラックヤードに設置され商品や材料の積み下ろし、荷捌き、保管、作業場としてお使いいただいております。又、フットサルやテニスなどのスポーツ練習場の屋根としても使われます。側面を大きく開放している上屋テントはトラックの乗り入れや十分な外気の取り込みが可能ですが、雨や風も入ってしまうので可動式のカーテンを設置して雨風を防ぐように計画する場合もあります。

側面が開放している上屋テントは風が建物の中に入って屋根を吹き上げる力を受けてしまうのでテント倉庫のような閉鎖型の建物に比べ風の力に対抗できる強度が必要とされます。そのため壁がなくてもテント倉庫より金額が高くなってしまう場合があります。

構造は鉄骨造の骨組みに膜材料(シート)を張ったものです。屋根材・外壁材が薄い膜材料ですので他の建築材料に比べ格段に軽量という特徴があります。そのためそれを支える構造も軽量にでき、大きな空間を柱無しで造ることができます。

スタンダードな膜材料は防炎品ですが可燃物を保管する場所や隣の建物や土地との距離によってもらい火を受ける可能性のある延焼の恐れのある部分に建てる場合に使用しなければいけない不燃材料の認定を受けた膜材料もあります

※上屋テントは建物に分類されるため「建築確認申請」が必須となります。

上屋テントが選ばれる5つの理由

当店でも「テント倉庫」に並び人気のある「上屋テント」は多くの工場や倉庫でご利用いただいております。ここではなぜ「上屋テント」が選ばれているのか、その理由をご紹介いたします。

壁がないので出入りラクラク

「上屋テント」と「テント倉庫」の大きな違いは壁の有無にあります。
建物の構造として壁面が解放されている建物は側面から侵入した風が天井に吹き上がる力が発生するので、その風力を考慮した設計が必要ですが、屋根と壁により閉鎖された建物は吹き上げの力がないのでその分、風の影響を少なく設計することができます。
テント建築物でも物品の保管を主な用途として考えられている「テント倉庫」は収納物を雨やホコリから守るための屋根と壁があることが前提として設計しているのですべての面を閉鎖しなければいけません。
それに対し、用途、設計に縛りのない「上屋テント」では壁を設置する必要がないのです。
したがって高さを確保すればトラックやフォークリフトの乗り入れが容易にでき、動線の確保もしやすいという特徴があります。この特徴は入荷や出荷を行う荷捌き場としての利用においては欠かせないもので、事実、物流の現場では「上屋テント」が数多く使われております。

壁やカーテンとの組み合わせでレイアウト自由

「上屋テント」では壁を設けることもできます。
荷捌きの用途としても出荷のために荷揃えした商品や入荷して荷捌きするまでの間、仮置きをしておく場合があります。その時に壁側へ仮置きしておけば雨風にさらされることがなくなります。
また、カーテンを設置して開口部を調整するといった運用の仕方も可能です。このように使い方に合わせたレイアウトを設計できるのも「上屋テント」なのです。

多くの用途

使用用途としては作業スペースの屋根としてお選びいただいている工場もあります。
「上屋テント」の導入により雨天でも作業ができるようになり、雨に濡れながらの作業や夏の炎天下での作業から解放されます。作業する方の労働環境が改善されるので作業の安全性や効率が上がります。
また、製品の品質が向上し、不良率低下にも影響を及ぼします。特に、長尺物を扱う工場や、大きな製品を扱う工場では開口部を大きく確保できる「上屋テント」がオススメです。

柱スパンを飛ばせる

「上屋テント」は屋根の材料としてテント生地を使用しているので屋根材の重量が非常に軽く、また屋根の構造材の梁や桁などもパイプ鋼管を使いトラス構造にするなど軽量にできております。
そのため大きなスパンも中間の柱を設けることなく建てることができます。トラックヤードやフォークリフトが行きかう場所では極力柱の数を減らしたいのですが、シンプルな構造の「上屋テント」であれば柱を極力少なくした建物を安く建築することができます。

工期が短い

「上屋テント」の基本構造は鉄骨の骨組みとシートの屋根だけです。
構造がシンプルであり、尚且つ工場で構成部材をあらかじめ製作してくるので、現場での作業は組み立てのみです。オプションや壁・カーテンなどの仕様にもよりますが300㎡程度の基本形状でしたら鉄骨の立て方から2~3日で完成できます。状況によっては土日のみで本体工事を済ますことができるので工場や倉庫の稼働を妨げません。

設計の自由度が高く多くの使い方に対応ができる「上屋テント」は様々な業種の客様にご利用いただいております。工場・倉庫に「上屋テント」をお考えの方はビニテンにぜひお問い合わせください。経験豊富なスタッフがお客様のニーズにマッチしたテントをご提案させていただきます。

この製品についてお問い合わせ

上屋テント新設(国交告示第666号適合品) 価格の目安@42,000円/㎡~

イメージ図

上屋テント 価格の目安

価格例(材・工共) 防炎生地使用の場合 不燃生地使用の場合
W5m×L6m×H5m(軒高)
イメージ図①
30㎡
約9坪
¥4,100,000
(@136,700円/㎡)
(@455,600円/坪)
¥4,300,000
(@143,300円/㎡)
(@477,800円/坪)
W10m×L10m×H5m(軒高)
イメージ図②
100㎡
約30坪
¥6,600,000
(@66,000円/㎡)
(@220,000円/坪)
¥7,000,000
(@70,000円/㎡)
(@233,300円/坪)
W15m×L20m×H5m(軒高)
イメージ図③
300㎡
約90坪
¥14,500,000
(@48,300円/㎡)
(@161,100円/坪)
¥16,000,000
(@53,300円/㎡)
(@177,800円/坪)
W20m×L25m×H5m(軒高)
イメージ図④
500㎡
約150坪
¥21,000,000
(@42,000円/㎡)
(@140,000円/坪)
¥23,000,000
(@46,000円/㎡)
(@153,300円/坪)

【積算条件】

※東京近郊の場合(垂直積雪量 30cm以下 風速 Vo=32m/sec以下)。
※建物(鉄骨+テント生地)、標準工事費、確認申請費用込。
※平成14年国土交通省告示第666号適合品。
※基本的な構造仕様として(壁面なし)。
※オプション、変形、特別仕様は別途費用。
※基礎工事、地盤調査・改良費、消防設備、電気・照明設備等別途。
※申請印紙代、消費税別途。
※条件により金額が異なります。詳しくはお問い合わせください。

テント倉庫の価格について

テント倉庫 製品一覧

テント倉庫 張替え・修理

各種ご案内

テント倉庫ベストプライス(最低価格)保証

ベストプライス(最低価格)を保証しています。お問い合わせはお気軽に。

電話でお問い合わせ(フリーダイヤル)

0120-2210-15営業時間:平日9:00~17:30(土日祝日除く)

コールセンターへお電話頂いた際に、お客様にお伺いする内容はこちら

安心価格・安心見積・安心施工・安心実績・安心サポート

PAGETOP