現地訪問打合見積無料!

テント倉庫の新設から張替・修理もお任せ下さい!テント倉庫建設に伴う基礎工事から鉄骨工事・テント張りまでを一貫してプロデュース!
多彩なオプション施工も可能です。
用途やご予算に合わせてご提案させて頂きます。新設に関わる確認申請もお任せください!
テント倉庫は、安心・最速・低コストのビニテンへお申し付けください。

メールでお問合せ

生地図鑑→テント生地・テントシート図鑑

施工・加工品事例

テント法令集はこちら

よくある質問はこちら

フリー用紙 PDFダウンロード

ビニテン×月割購入プランB(テント倉庫専用プラン)

ビニテン×テント倉庫安心保険パック

テント倉庫.netの株式会社ビニテン

当社は、テント倉庫・シートハウス・上屋テント・荷捌き場テント・可動式テント・スライドハウス・大型テントの新設とテントの張替え・建替えを全国対応で承っております。
また、荷捌き場や倉庫などの大型出入口へのスライドカーテン・ジャバラカーテン・心材カーテン等の新設・張替も承っております。
テント倉庫やスライドカーテンの設計から施工までを短期間・低コストでご提供いたします。
施工後のメンテナンスもお任せください!
まずはお気軽にお問い合わせください。経験豊富なスタッフがご対応させて頂きます。

お客様の安心と信頼の実績、テント倉庫の「ビニテン」にお任せ!

製品ラインナップ

テント倉庫(シートハウス)

テント倉庫(シートハウス)

鉄の骨組みに生地を被せた構造になっている建物です。四方が閉鎖型になっているのが特徴で、主に物品の保管場所として使用されます。
※テント倉庫は、建物に分類されるため「建築確認申請」が必須となります。
呼び名:
テント倉庫、テントハウス、シートハウス、大型テント、固定式テント、開閉式テント、仮設テント

上屋テント(荷捌き用テント)

上屋テント(荷捌き用テント)

鉄の骨組みに生地を被せた構造になっている建物です。
四方が閉鎖型になっているテント倉庫(シートハウス)とは異なり、壁のいずれかが開放型になっているのが特徴です。
主に物品の保管場所として使用されますが、トラックの出入りや製品の荷捌き場、雨よけなどの回避に役立ちます。
※上屋テントは建物に分類されるため「建築確認申請」が必須となります。
呼び名:
上屋テント、荷捌き用テント、開閉式テント、雨除けテント

可動式テント(スライドハウス)

可動式テント(スライドハウス)

鉄の骨組みに生地を被せた構造になっている建物です。ジャバラ構造になっており伸縮して開閉できるのが特徴です。
主に物品の保管場所として使用され、テント倉庫が開閉できるので、特に大きい荷物などの出し入れ時に活躍します。
※可動式テントは建物に分類されるため「建築確認申請」が必須となります。
呼び名:
可動式テント、スライドハウス、伸縮式テント

積雪テント

積雪テント

鉄の骨組みに生地を被せた構造になっている建物です。
主に物品の保管場所として使用されますが、通常のテント倉庫の骨組みとは違い積雪を考慮した設計と強度で作られているのが特徴です。 ※積雪テントは建物に分類されるため「建築確認申請」が必須となります。

特殊テント倉庫(スポーツ練習場・大きい入口)

特殊テント倉庫

鉄の骨組みに生地を被せた構造になっている建物です。スポーツ練習場倉庫や大きい入口など、特殊な形状のテント倉庫です。
※例えば、スポーツ練習場倉庫・大きい入口のテント倉庫・特殊テントは建物に分類されるため「建築確認申請」が必須となります。

大型スライドカーテン(ジャバラカーテン)

大型スライドカーテン(ジャバラカーテン)

シートに鉄の骨組みを縦に入れ込んだカーテンを心材カーテンと呼びます。強度を増すために心材カーテンの心材の間にクロスした骨組みを設置した形状のカーテンをスライドカーテン(ジャバラカーテン)と呼びます。
工場や倉庫、荷捌き場などへの雨の侵入防止や倉庫の開閉扉、出入口の防犯などで使用されます。
呼び名:
心材カーテン、ジャバラカーテン、大型ビニールカーテン
※スライドカーテンは正面から見た場合は、心材カーテンと見た目は変わりません。
※地域により不燃材料の要求を受ける場合がございます。

テント倉庫の張替え・修理

テント倉庫「張替え・修理」

テント倉庫の張替目安は約15年ほどです。
テント倉庫、シートハウス、上屋テント、荷捌き用テント、可動式テント、スライドハウス、大型テント、伸縮式テント、ジャバラテントの修理や修復、張替が可能です。
また、テント倉庫内の荷物移動が困難な場合や、短期間で雨漏りの復旧をしたい場合などは、テント倉庫の屋根面に新しいシートを被せて修理も可能です。
※張替工事はおよそ1日~2日で完成いたします。
※テント倉庫の張替えも「確認申請」が対象となります(建築基準法第6条)

テント倉庫の建替え

テント倉庫「建替え」

テント倉庫の建替え目安は約20年~25年です。
テント倉庫、シートハウス、上屋テント、荷捌き用テント、可動式テント、スライドハウス、大型テント、伸縮式テント、ジャバラテント、テントの建替えが可能です。
※テント倉庫の建替えにも「確認申請」が必要となります。

テント倉庫オプション

オプション

扉(妻面/側面)設計、換気扇、サッシ窓、庇、雨樋、吸気口、内幕など、各種オプションもご用意しております。

キャップシート張替え

キャップシート張替え

テント倉庫の劣化は屋根部分から始まります。
破損したテント倉庫屋根部分のみをシートで補強する、キャップシート張替えも承っております。 低コスト/短時間修復

テント倉庫専用生地カタログ

テント倉庫 種別から探す

テント倉庫の取扱い生地をご紹介いたします。
カラー別、メーカー別、材質(不燃膜材・光触媒・遮熱・省エネ ・防炎・高耐久)など、用途に合わせて生地をお探しいただけます。

施工の流れ

テント倉庫の仕様確定、図面の作成、各都道府県の建築課(指定確認検査機関)へ確認申請書の手続き、鉄骨組立・生地貼りなど、お打ち合わせから引き渡しまでの流れをご覧いただけます。

→テント倉庫 施工の流れはこちら

建築確認申請について

テント倉庫の新築・増改築・移設には、確認申請書を役所もしくは民間の建築確認検査機関に提出し、建築物が建築基準法・条例等に適合しているか確認を受ける必要があります。

→テント倉庫の確認申請に関する情報はこちら

テント倉庫で時間短縮&経費削減!

テント倉庫は、一般建築物に比べ建築期間が約2か月(お打合せからお引き渡しまで)と短いので低コストで、テント生地の透光性で、昼間の倉庫内は照明不要なため光熱費もカットできるメリットもあります。
また、短期間だけの設置で使用後はすぐに撤去がしたい場合も、短期間での建築・解体撤去が可能です。

→テント倉庫の時間短縮・経費削減について

テント倉庫はビニテンにお任せ!

テント倉庫 張替時期

張替時期のご案内

15年過ぎたら点検を!
破けてからでは手遅れです。

詳しくはこちら

テント倉庫 台風・雪災害後

台風・雪災害後に・・・

お客様の1日でも早い事業再開に貢献致します。

詳しくはこちら

テント倉庫 安心1年保証&メンテナンス

安心1年保証&メンテナンス

ビニテンなら任せて安心の充実サービス。

詳しくはこちら

施工・加工品事例

テント倉庫(上屋テント・荷捌きテント)

テント倉庫(上屋テント・荷捌きテント)

地域:山梨県甲府市
業種:製紙製造工場
用途:工場敷地内に荷捌き場を確保するためにテント倉庫(上屋テント・荷捌きテント)を新設。

テント倉庫デザインテント

テント倉庫(デザインテント)

地域:埼玉県八潮市
業種:物流センター
用途:倉庫入り口の日よけ対策と荷捌き場にするために上屋テントを設置させていただきました。

屋上テント(張替え)

屋上テント(張替え)

地域:兵庫県西宮市
業種:福祉施設
用途:屋上に設置されたテント生地の張替え。

可動式開閉テント倉庫

可動式開閉テント倉庫

地域:神奈川県愛甲郡
業種:産業廃棄物処理場
用途:作業場への機械設置のために可動式開閉テント倉庫を設置。サイドからの雨よけにスライドカーテンの設置。

テント倉庫間仕切りビニールカーテン

テント倉庫・間仕切りビニールカーテン

地域:神奈川県
業種:プラント
用途:既存のテント倉庫出入口にスライドカーテンの設置。雨風の侵入防止の為。

テント倉庫(張替え)

テント倉庫(張替え)

地域:京都府宇治市
業種:物流センター
用途:強風により一部破損したテント倉庫の部分張替。

テント倉庫(張替え)

テント倉庫(張替え)

地域:京都府宇治市
業種:物流センター
用途:台風の強風により一部破損したテント倉庫の側面部分のみの張替。

テント倉庫のお見積り

ご相談・お問合せはお気軽にどうぞ

0120-2210-15 お気軽にお電話を!

修理についてのご相談

新設についてのご相談

FAXでのご相談(修理用)

FAXでのご相談(新設用)

ニュース

  • 2016年10月13日

    テント倉庫に関する情報を追加

    ビニテンよりお知らせです。 テント倉庫をご検討の方ために、新しく情報を追加いたしました。 ●テント倉庫とは テント倉庫の定義、建てる時に気を付けるべきことをまとめてみました。 ●「テント倉庫」の条件 屋根や形状、大きさな

  • 2016年08月01日

    工場、倉庫で人気!スライドカーテンの情報を充実

    皆様 いつも格別のお引き立てありがとうございます。ビニテンです。 以前から要望がございました業務用のスライドカーテン(ジャバラカーテン)の情報を充実させました。 どんな時に、どのように有効かがわかりやすくなっております。

  • 2015年11月24日

    ホームページ、コンテンツを充実させました

    ビニールカーテン、テントのことならビニテンへ ビニテンのテント倉庫用専門サイト、テント倉庫.netの コンテンツを充実させました。 皆様により使いやすい、わかりやすいサイトを目指していきます。 今後もご支援の程、宜しく御

テント倉庫とは

テントで造られた建物をテント倉庫と総称することがありますが、実は「テント倉庫」には法律で形状や大きさ、用途に決まりがあります。「平成14年国土交通省告示第667号テント倉庫建築物の構造方法に関する安全上必要な技術的基準を定める件」という長―い名前の法律(告示)で決められています(名前が長いので「平成14年国交告第667号」と略されます。テント業界では「667」だけで通じます)。

テント倉庫とはまずその名前に出ているように用途が倉庫に限られています。中で組み立てなどの作業をする作業場や工場の様な使い方やフットサルやテニスなどのスポーツ練習場として使う場合は法律上「テント倉庫」ではなくなってしまいます。同じ形でもどうしてこのように法律で分けられてしまうかというと倉庫というくくりでは、常時人が中にいないという前提があるからです。常時人がいることが想定されるとその人たちの安全を確保しなければならないので建物の強度や換気・採光などの環境を高めたり、火災時の避難を考えた作り方にする必要があるのです。逆に言うと「テント倉庫」は用途や形状、規模を限定することで必要なだけの設計に絞ることができ、安く建てることができるのです。

形状としては屋根と壁があることとされています。建物なので当然だといわれる方もいるかもしれませんが、テントの建物には屋根はあっても側面は解放で壁がないものもあります。「テント倉庫」は壁が側面のすべてにある必要があります。その理由は開口部をなくすことによって風が建物の中に入って屋根を吹き上げる危険性がなくなるのでそれに耐える強度を軽減できるからです。屋根の形状は切妻(山型)、片流れ、円弧のシンプルな3タイプに限定されています。

構造は鉄骨造の骨組みに膜材料(シート)を張ったものです。屋根材・外壁材が薄い膜材料ですので他の建築材料に比べ格段に軽量という特徴があります。そのためそれを支える構造も軽量にでき、大きな空間を柱無しで造ることができます。スタンダードな膜材料は防炎品ですが可燃物を保管する場所や隣の建物や土地との距離によってもらい火を受ける可能性のある延焼の恐れのある部分に建てる場合に使用しなければいけない不燃材料の認定を受けた膜材料もあります。

大きさの制限は広さが1000㎡以下で平屋、軒の高さ(切妻屋根、円弧屋根の場合低い部分の高さ、片流れ屋根の場合高い側の高さ)が5m以下、間口は30m以下です。もちろんこれ以上の建物もテントで建てることはできますが、「テント倉庫」の基準では建てられないので金額は上がります。建築コストを抑えるためにはこれらの基準内で計画されることが重要です。

「テント倉庫」の条件

用途:倉庫
規模:1000㎡・階数:1階・軒の高さ:5m以下・間口:30m以下
屋根と壁(すべての側面)があること。
屋根の形状:切妻(山型)、片流れ、円弧
構造:鉄骨造の骨組+膜材料

お客様の安心と信頼の実績、テント倉庫なら「ビニテン」にお任せください!

PAGE TOP

専門サイト紹介

株式会社ビニテン VINYTEN CORPORATION

株式会社ビニテン 東京都練馬区東大泉4-27-3-102 TEL:0120-2210-15 FAX:03-5935-9953
Copyright(C)2013 Vinyten CORPORATION All Rights Reserved.